株式投資に大切な「損切り」とは

損切りは株式投資の基本!まずは損失確定で得られるメリット・デメリットを確認しましょう

重要の文字と人差し指のイラスト

株式投資を始めるに際して最も重視すべき概念が損切りです。この損切りとは保有する株式を売却して損失を確定させることをいい、証券市場などではロスカットともよばれています。株式を購入した企業の業績が上向けば株価は上昇し、配当などによるリターンも期待できますが、逆に投資先企業の業績が予想に反して悪化した場合には、購入した時よりも株価が大きく値を下げることも珍しくはありません。損切りとはこのように株価が下落した際にとられるオペレーションです。

この損切りを選択した場合、値を下げた状態で株式を手放すことになるため損失を被るというデメリットが生じますが、早めに損失確定を受け入れることで、それ以上の損失拡大を防ぐことができるというメリットもあります。株式投資の基本は大きな損失を出さないようにすることです。そのためには小さな損失を勇気を持って受け入れる必要があります。こうしたことから株式投資の世界では損切りという概念が非常に大切だと言われているのです。

損切りはタイミングが重要!まずはマイルールを設定して売り時を逃さないようにしましょう

メモに箇条書きしているひと

損切りはタイミングをよく見極めて実行することが大切です。決断が早すぎた場合には得られたはずの利益を失うことになりますし、逆に遅すぎた場合には損失が大きくなりすぎて売ることさえできないに塩漬け株になる可能性も出てきます。こうしたリスクを極力避けるためにも、損切りはタイミングよく行う必要があるのです。

ただ、株式初心者が損切りのタイミングを見極めるのは容易なことではありません。損失を確定させるオペレーションだけに決断が鈍ることもあるからです。そこで冷静に損切りを実行するためのコツがマイルールの設定です。あらかじめマイルールによって株価が下落した際の売却ポイントを決めておけば、いざというときにも冷静に損切りを実行できるようになります。これから株式を購入しようと考えている人は、まずはあらかじめ許容できる損失の範囲を決めておき、そのタイミングで売却するようルールを決めておきましょう。

マーケットを意識することも大切!売り時で悩んだときはプロに相談しましょう

損切りを投資のテクニックとして上手く活用するためには企業業績やマーケットの動向なども分析して判断できるようになることも大切です。短期的なマーケット動向に翻弄されず、中長期的な視点から株価を判断できるようになれば、損切りのタイミングもより掴みやすくなってきます。こうした判断を下す際に的確なアドバイスが欲しい人は投資顧問に相談してみるのも良いでしょう。

投資顧問に相談すれば企業業績やマーケットの動向などを総合的に判断し、客観的な立場から株式投資に関するアドバイスをしてもらえます。とくに損切りでは非常に難しい判断も必要になってきますが、こうした時にも投資顧問に相談すれば冷静な決断が下せるようになります。

アーカイブ